読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shoken Startup Blog

KitchHike Founder/CTO

"デザインとは" で検索した記事の筆者に会いに行った3年前、僕はデザイナーの探し方がわからなかった

3年前の自分に伝えたいデザイナーの探し方

3年前の2014年3月、KitchHikeをローンチして1年がたった僕らはデザイナーを探していた。いままでWeb制作業界とは縁がなかったので、どうやってデザイナーと知り合うのか、そもそもどこにいるのかわからず、途方に暮れていた。デザイナーが見つからなすぎて、もう自分でデザインを勉強するしか無いと思い、やみくもにGoogleで “デザインとは” と検索した時、1つの記事を見つけた。それはデザインの基本をわかりやすく説明した記事だった。こんな記事を書くデザイナーが仲間にいてくれたらどんなに心強いだろう、と何度も思いながら記事を読んだのを覚えている。気がついたら記事の著者にメールを送っていた。(当時は直接メールで連絡を取ることしか思いつかなかったようだ。)

ダメもとで送ったメールには信じられないくらい丁寧な返信があった。何日か後に、WindowsのノートPC片手に渋谷に現れたのは、2週間後に卒業予定の大学生で、その時はMacも開発経験も持ってなかったが、デザインへの、そして何かを作らずにはいられない情熱を持っているように感じた。

数日後、渋谷のヤマダ電機にいっしょに Mac を買いに行った。(MacBook Airをすすめたのに、固くなにMacBook Proにこだわって、結局 MacBook Pro を買った。)エンジニアではないのに、Terminalの黒い画面に抵抗が無いことが印象的だった。なので、git, rails, sassの覚えはとても早かった。

ただ、そのころの僕らには、新卒からデザイナーを育てるリソースも仕組みもなかった。

大学生はどこにも就職せずにフリーランスの道を選んだ。充分なフィーはまったく払えてなかったが、それでもデザイナーとして、ときどきスポットで手伝ってくれた。3年間で、3つのプロダクトに関わってもらい、世の中にリリースした。その間に、彼女は自分で探してきたフリーランス案件で生活費を得るかたわら、OSSコミュニティで活動し、書籍を出版し、npmでインストールできるオープンソースフォントをGitHubで公開していた。

出会ってから3年後の2017年3月、ちょうど同じ日に2人で話をした。場所は渋谷から上野に変わっていたけど、彼女の、情熱をやさしく包みこんだ信念に満ちた瞳は、3年前と変わっていなかった。

3年前、KitchHikeはローンチから1年たっていた。これから仲間になってくれるデザイナーを探すのは遅すぎるんじゃないか、と当時は悩んでいた。やみくもに探しても見つからないのでは、と先の見えない状況の中で何度も不安になった。ただ、なぜだかわからないけど、理想のデザイナーは必ず自分で見つけて仲間にするんだ、という強い信念のもと、専任のデザイナー無しでここまでがんばってきた。もし3年前に戻れるなら、

「何かをやるのに遅すぎることはない。未来で必ず実を結ぶから、今すぐアクションをおこせ。」

と伝えたい。そして、それは同時に3年後の未来の自分からのメッセージだとも思っている。



ふとGoogleで “デザインとは” で検索してみる。1番目にヒットしたのは、3年前に大学生が書いた記事だった。

でもそれも昨日までの話。



今日2017年4月1日からは、8人目の仲間となった、 “KitchHikeのデザイナー” が3年前に書いた記事、になるよ。

f:id:sfujisak:20170328115018j:plain

KitchHike オフィスで撮影