読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shoken Startup Blog

KitchHike Founder/CTO

MongoDBをtarからインストールしてCentOS 7のsystemdで起動/停止する設定

CentOS 7では、これまでのSysVinitからsystemdが使われるようになりました。 MongoDBもyumrpmでインストールするとsystemdで管理できるようになるみたいです。 ただ、yumに上がっていないリリース直後のMongoDBをtarからインストールしたい場合、自分で設定する必要があります。ちょうどCentOS 7に最新のMongoDBを環境構築する機会があったので、作業メモとして残します。

一番手っ取り早いのは、yumなりrpmなりでMongoDBをインストールした後、インストールされた/usr/binディレクトリにあるバイナリを差し替えることです。ただし、そうするとyumで管理しているバージョンと差異が出るので注意しないといけません。

今回はyumでのインストールを行わずに、MongoDBのtar + Githubリポジトリにあるrpm用の設定ファイルを使ってsystemdでの起動設定を行います。作業はすべてrootユーザーで行いました。

環境

手順

1. MongoDB 3.1.5のインストール

Downloads - MongoDB から最新のMongoDBをtgz形式でダウンロードします。今回は、RHEL 7 Linux64-bitです。

https://fastdl.mongodb.org/linux/mongodb-linux-x86_64-rhel70-3.1.5.tgz

設定ファイルはMongoDBのgithubにひな形があるので、ダウンロードして使います。

https://github.com/mongodb/mongo/blob/master/rpm/mongod.conf

他にもgithubrpmディレクトリにはsystemdで管理する際に必要となるファイルがありますので、後ほど使います。

まずは、rootユーザーでMongoDBが手動で起動するところまで進めます。

cd /opt
wget http://downloads.mongodb.org/linux/mongodb-linux-x86_64-rhel70-3.1.5.tgz
tar zxfv mongodb-linux-x86_64-rhel70-3.1.5.tgz  
ln -s /opt/mongodb-linux-x86_64-rhel70-3.1.5/ /opt/mongodb

wget https://raw.githubusercontent.com/mongodb/mongo/master/rpm/mongod.conf
mv mongod.conf /etc/mongod.conf

mkdir /var/log/mongodb
mkdir /var/lib/mongo
mkdir /var/run/mongodb

準備できました。起動の確認を行います。

[root@xxxx ~]# /opt/mongodb/bin/mongod -f /etc/mongod.conf
about to fork child process, waiting until server is ready for connections.
forked process: 6637
child process started successfully, parent exiting

起動しない場合は、/var/log/mongodb/mongod.logを確認しましょう。

mongoシェルから接続を確認します。

[root@xxxx ~]# /opt/mongodb/bin/mongo
MongoDB shell version: 3.1.5
connecting to: test
Server has startup warnings: 
2015-07-13T15:46:30.961+0900 I CONTROL  [initandlisten] 
2015-07-13T15:46:30.961+0900 I CONTROL  [initandlisten] ** NOTE: This is a development version (3.1.5) of MongoDB.
2015-07-13T15:46:30.961+0900 I CONTROL  [initandlisten] **       Not recommended for production.
2015-07-13T15:46:30.961+0900 I CONTROL  [initandlisten] ** WARNING: You are running this process as the root user, which is not recommended.
2015-07-13T15:46:30.961+0900 I CONTROL  [initandlisten] 
> 

WARNINGがいくつか出ると思いますが、今回の記事では気にしないこととします。 接続できたことが確認できたら成功です。

次の手順でsystemdによる起動を行うので、いま起動させたmongodプロセスは停止させましょう。 mongod.lockファイルの削除も忘れずに。

kill `cat /var/run/mongodb/mongod.pid`
rm /var/lib/mongo/mongod.lock

2. systemdによる起動設定

ここから本題のsystemdによる設定に入ります。まずはmongodグループとmongodユーザーを作成します。コマンドはgithubにあるrpm用のspecファイルを参考にしています。

https://github.com/mongodb/mongo/blob/master/rpm/mongodb-org.spec

/usr/sbin/groupadd -r mongod
/usr/sbin/useradd -M -r -g mongod -d /var/lib/mongo -s /bin/false -c mongod mongod 

関連するディレクトリの所有者をmongodに変更します。

chown -R mongod:mongod /opt/mongodb
chown -R mongod:mongod /var/log/mongodb
chown -R mongod:mongod /var/lib/mongo
chown -R mongod:mongod /var/run/mongodb

systemdのserviceファイルをgithubからダウンロードして配置します。

wget https://raw.githubusercontent.com/mongodb/mongo/master/rpm/mongod.service
mv mongod.service /usr/lib/systemd/system
ln -s /usr/lib/systemd/system/mongod.service /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/

daemon-reloadの後、起動させます。

systemctl daemon-reload
systemctl start mongod.service

systemctl statusで起動を確認しましょう。

[root@xxx ~]# systemctl status mongod.service
mongod.service - High-performance, schema-free document-oriented database
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mongod.service; enabled)
   Active: active (running) since Mon 2015-07-13 16:16:04 JST; 5s ago
 Main PID: 6774 (mongod)
   CGroup: /system.slice/mongod.service
           └─6774 /opt/mongodb/bin/mongod --quiet -f /etc/mongod.conf run

Jul 13 16:16:04 xxx systemd[1]: Starting High-performance, schema-free d.....
Jul 13 16:16:04 xxx systemd[1]: Started High-performance, schema-free do...e.
Jul 13 16:16:04 xxx mongod[6772]: about to fork child process, waiting u...s.
Jul 13 16:16:04 xxx mongod[6772]: forked process: 6774
Jul 13 16:16:04 xxx mongod[6772]: child process started successfully, pa...ng
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

Activeがactive (running) となっていたら成功です。お疲れさまでした!

停止コマンド

systemctl stop mongod.service

3. OS再起動時に/var/run/mongodbを作成する設定

CentOS 7は/var/run はtmpfsとなっているので、OS再起動時に削除されます。 /etc/tmpfiles.d/mongod.confを作成して再起動後もディレクトリが作成されるようにしましょう。

echo "D /var/run/mongodb 0755 mongod mongod -" > /etc/tmpfiles.d/mongod.conf