読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shoken Startup Blog

KitchHike Founder/CTO

TalendからtMongoDBConnectionでMongoDBに接続する方法

情報が少なくて大変だったのでメモ。

環境情報

OS・・・Windows XP SP3
Talend Open Studio・・・V5.0.2
tMongoDBConnection・・・Creation:2010-04-13
tMongoDBOutput・・・Creation:2010-04-13
mongo-2.6.3.jar

Talend Open Studioのインストール

Talend Open Studioのインストールは簡単。公式サイトからDownloadしたexeをダブルクリックするだけ。
ページが見つかりません | Talend
日本語化もされているので迷うことは特になかった。

インストールフォルダ直下にできるTOS_DI-win32-x86.exeを実行すると起動する。
かなり重い。。
画面のチュートリアルにしたがって、ジョブの作成まで進める。

tMongoDBConnectionとtMongoDBOutputのインストール

tMongoDBConnectionとtMongoDBOutputをcomponentとしてインストールする。

まずはzipをダウンロード。
https://github.com/adrien-mogenet/tMongoDBConnection
https://github.com/adrien-mogenet/tMongoDBOutput

次にcomponentのインストール。
zipを展開してできたフォルダを、先ほどインストールしたTalend Open Studio内の以下のフォルダに入れる。

TOS_DI-Win32-r78327-V5.0.2\plugins\org.talend.designer.components.localprovider_5.0.2.r78327\components

ここで再起動すると、パレットビューにMongoDBが出てくる。
f:id:sfujisak:20120407035031j:image

tMongoDBConnectionをドラッグして、画面中央へドロップ。

mongo-2.6.3.jarが見つからないエラー

tMongoDBConnectionを配置すると、ビルドが走り、コンパイルエラーがでる。
mongo-2.6.3.jarが見つからないとのこと。

Module mongo-2.6.3.jar required

mongo-2.6.3.jarはtMongoDBConnectionの中にある。
Eclipseならプロジェクトのビルドパスの設定を修正するのだが、Talend Open Studioにはビルドパスの設定ができない。
困ったので、クラスパスが通ってそうなフォルダにjarを入れて再起動すると、ビルド成功!
ここにmongo-2.6.3.jarをコピーする。

TOS_DI-Win32-r78327-V5.0.2\lib\java

MongoDBへ接続

コンポーネントビューを開いて、画面中央のtMongoDBConnectionをクリックすると基本設定項目が出てくる。
Databaseを埋める。今回はtestに接続する。
f:id:sfujisak:20120407042830j:image

実行ビューから実行ボタンを押すと、エラーなくconnectedの文字が出れば成功です。
f:id:sfujisak:20120407042831j:image