読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shoken Startup Blog

KitchHikeを作っています。ひとつずつアウトプットします。

MacBook(Late 2008)とMacBook Air(Mid 2009)を比較

Mac

最近MacBookを持ち歩く機会が多く、MacBook Airに買い換えようか考えていた。
やはり約2キロのMacBookを持ち歩くのは、なかなかしんどい。
多少スペックダウンしても、軽い方がいいかなと思い始めた。


そこで、現在持っているMacBook(Late 2008)とMacBook Air(Mid 2009)の仕様を比較してみて、移行が可能かを検証してみた。


結果から言うと、買い換えは断念。
理由は以下の1点。
MacBook Air(Mid 2009)は最大搭載メモリは2GBで、これ以上は増設できない。


手持ちのMacBookのメモリは4GB積んである。
VMWare Fusion上でLinuxを複数台動かす必要があるので、やはり4GBは必要だ。
なので、Airへの移行はあきらめた。


仕様の違いを調査しているうちに、MacBookの意外な点を発見。
なんと、光オーディオ入力/出力に対応していた!


さっそくコンポと光ケーブルで接続。
違いがわかるほどのアンプもスピーカも耳もないが、なんかうれしい^^。

f:id:sfujisak:20090919182340j:image:left


Airはアナログ出力のみとなっている。
また、最新のMacBookPro(13inch, Mid 2009)は光オーディオに対応しているものの、インターフェースは出力のみとなっている。入力端子が追加されるのは、15inchと17inch。


なので、13inchで光オーディオの入力端子と出力端子を持っているMacBook(Late 2008)はちょっとレア。


もうAppleの販売ラインが終了していることを考えると、これまたちょっとうれしい^^。



ちなみに、Appleの旧製品の仕様は、
Appleのページ -> サポート -> 技術仕様
から確認できます。

アップル – サポート - 技術仕様