読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shoken Startup Blog

KitchHike Founder/CTO

バイト先でロボット開発に関わっているんだが

「ロボットの時代は絶対に来ない!」との確固たる信念を持った、頼りがいのある上司のもとで、ロボット開発に関わっています。


こんな素敵な動きをするものを作っています。


というのは、半分はうそです。


実際は、こっちの方に多く関わっています。
パンチモーション
キックモーション



ちなみに、地味に「セクシーボイス&ロボ」の部屋のすみに写っていました。



上記のような、奇妙な動きを習得するのは人間でも大変であり、ましてや彼らは数多くの間接軸の角度を微調整して、いちいちプログラミングしてやらねばならんのです。


そんなのに、いちいち本体を使って試行錯誤していては、すぐに壊れてしまいます。
ロボットっていうのは、まだまだ高価であります。




そこで、シミュレーターというものが活躍します。


これは、便利でして、実際の機体(実機と呼んでいます)を危険にさらすことなく、パソコンの中で好きなだけ試行錯誤ができます。



私は、そのシミュレーターの開発に関わっていました。



と説明したら、就活で内定もらいました。





現在は、修論もほったらかしにして、いかに少ないデータ量で命令文を送信できるかに取り組んでいます。



ちなみに、数値データ(いわゆるASCIIモード)をバイナリに変換して圧縮しても、そのまま圧縮しても、圧縮後のデータ量はほとんど変わらないことに、今日気がつきました。



LZ77、すげぇ。



やはり、シャノンさんら先人達は偉いですな。